カテゴリ:spiritual☆( 7 )

タロット&ヒプノ(その2)。

タロット&ヒプノ(その1)の続きです。

インナーチャイルドに会いに行きました。


大きなご神木がある古い古い神社の前。
裏手の小高いところに小屋があり、そこにインナーチャイルドがいるようだ。

そこにいたのは3つか4つぐらいの私。
おかっぱあたまで、白い厚いタイツに赤いつなぎ。
小屋の奧に一人で座っていた。

隣に座ってみると、手のひらいっぱいに拾った鉄くずやナット?石ころなどを
大事そうに見せてくれた。小さい私は嬉しそう。それを私に見てもらったことが嬉しい。

小さい私は、大事そうにしていたそれをぱっと放って外に出ていった。
追って外に出てみると、そこに広がるのは山の上からの景色、日本の原風景。
小さい私はまた、嬉しそう。得意顔。

どうやら好きなもの、気に入っているものを私に見せたいようだ。

また小さい私は、ぱっとどこかにいってしまった。
すぐそこで石ころなんかを拾っているようだ。
私も一緒に拾ってあげようと身をかがめた時、ぱっと猫が現れた。

二人とも猫が大好きなので追いかけて行くと、真っ暗な景色が現れた。
すっと白い道が一本浮かび上がっていて、あとは真っ暗。

猫に、この先に何があるか聞いてみると、木のむろから空を見上げた感じ、と返事。
行ってみようかと思ったが、小さい私が「戻ろう」と促した。
山小屋に戻ると、小さい私は縁側に座って、大きくて金色に輝く塊をぽんぽん叩いていた。
仏像の頭だけ?のようなものに肘をかけたりしてる。
それは母性のイメージもある。小さい私はまた嬉しそう。

(こんなものどこから持ってきたんだ??首だけ持ってきちゃって…と
私がびびっていたら、ガイドがその仏像の頭だけ?のようなものがどこから来たのか
辿ってみましょうと促してくれた。)

真っ暗なところ。
足元は、丸い陣?蜘蛛の巣状のもの?曼陀羅?のような白い線だけが
発光して光っている。
それをちょっと離れたところから、宇宙から地球を見ているような気持ちで見ていた私の横を、
すっと男性が通り過ぎていった。はっぴのような簡単な形の服を着ている。
こちらに背中を向けて、その光る線の真ん中に座った。
何か作っている。職人さんみたい。一心に何か作っている。
人形のようなものを何種類か作っている。仏像?顔だけ?だるま?

また小さい私が得意げに言う。
あれがあなたの理想的な仕事へのアプローチの仕方だと。理想的な姿だと。

小さい私は私にどんどん見せてあげられたことが嬉しくてたまらない様子。
ガラス玉?丸い瓶?ブルーがかった丸くて透きとおった玉をくれました。
エネルギーのプレゼントだそうです。

気が付くと小さい私は、また山小屋の奧に座ってひとりで遊んでいる。
もう私には関心が無いようです。

そろそろお別れかな?
とても良い子だった。なんか淋しいな。



これで終わりです。

タロット&ヒプノ(おまけ)へ続く。
[PR]
by mihoo_japon | 2010-09-03 00:30 | spiritual☆

タロット&ヒプノ(その1)。

備忘録です。
今回は、タロット&ヒプノを受けてみました。

お友達のサロンでヒプノを体験してから、とても気分が前向きになれて、
新しいことにチャレンジする勇気が持て、これから先は大丈夫だ!と確信を得た!

・・・のですが、

さて、何をやったらいいのかな???と、まだ具体的にまとまらんw
いや、それ以前にまだ自分が好きなこと、目指したかったことが
思い出せないというか、確信が持てないというか・・・。

みうさんが言うには、「秋頃までは悩むだろねー」とのことなので、
今はとことん考えて練り練りしてもヨシ☆としてるんですけどね。

まぁー、ヒプノはその時に見るべきものを見られるはずだし、何か見えるだろう!
軽い気持で、悩みはありませ~ん、と申告してスタート☆

まずはタロット占いは、なかなか当たってた。
何かご苦労があったみたいですね。新しいチャレンジをしようとしていますね。
しかし、それはたくさんの情報からパッと選んだもので、まだ深くさぐっていませんね。
焦っていますね・・・などなど、
悩みはありませ~ん、って申告してスタートしたはずなのにズバズバと。

(ちなみに一緒に行った友達は、そのタロットで
部屋が散らかっていますね。夜更かしが習慣化していますね。
不摂生とタロットに出ています。早く寝て下さい。って言われてたw当たってるのw)

タロットで私が定めかねているのがバレてしまったので、
”インナーチャイルドに会いに行って、何かヒントを得よう”
ということになりました。

タロット&ヒプノ(その2)へ続く。
[PR]
by mihoo_japon | 2010-08-31 22:57 | spiritual☆

お友達のサロンでヒプノセラピー(おまけ)

お友達のサロンでヒプノセラピー(その4)の続きです。

(その1)で書いたのですが、みゆさんと話てる間、ずっと
みゆさんにぴったり重なるように、黄色い長い髪の女性が見えるような気がしてました。

洗面台をお借りして、クレンジングしながら、
私は霊感とか無いんだけど、ここに来たからにはイメージは否定できないなー・・・
みゆさんに言ってみようかなー・・・、なんて考えていたら突然、
「言っちゃいなよ!」の声とともに、
私がよく見る夢に出てくるアイドルグループ(架空)のリーダー、オリオのイメージが飛んできた!

はぁ・・じゃぁ、みゆさんに言ってみようかねー・・・
「みゆさん、わたしー、見えるとか全然わからないんだけどー・・・違ってたらごめんねー。
あなたの後ろに、黄色い女の人がねー・・・」と話が終わるか終わらないかで、みゆさん絶叫!

「キャー!!!今朝、湍津姫神からメッセージをもらう時、姿をしっかり確認しようと思って
よく見たら、髪が長くて、黄色い光を持っていたんだよー!!ほら、この絵が・・・」

と見せてもらった湍津姫神のイラストはまさに、髪が長くて、ちょうちょ結びみたいな被り物。
あ、あのちょうちょ結びは髪を結ってたわけじゃないんだ、だからさっき、
あー、なんかこれって私、影響されすぎてるー?いかにもそれっぽいから取っちゃおうって、
取れたんだ・・・って、それ、そのシルエット!!おったよ、あんたの後ろにぃ!ちょうちょ結び頭ー!!

ふたり鳥肌・・・ははは・・・


今回思った!イメージを受け取るって大事!!なんかわかった!!

私の中というか、私の宇宙みたいなところには、
膨大な切り取られたシーンがたっくさんあるのを感じました。
それはTVの砂嵐みたいで、普段はザーッと無数に散らばってあるだけです。
そのひとつを掴み取ってちゃんとイメージを見る、そして何かに気づこうと意味づけする、
この行為が非常に重要なんだわ!

みゆさんは今回、悩みを解決できるよう、どのシーンを見たらいいか、
適切な砂粒を選ぶお手伝いをして下さったんだな。

実際、過去世を見ている時は、映画のような画面を観ているのではなくて、
まず、目でガサガサしたイメージの輪郭だけ見て、次はオデコあたりでじっくり感じる、
といった作業の連続。
決まったストーリーがあったわけじゃなく、見た順番に1シーンずつ静止画をつなげたら
アントスの人生になったのよ。

これからの生活の中でもイメージを捉えることできるかなー?
すごく貴重な体験をさせていただいたわ☆
[PR]
by mihoo_japon | 2010-07-16 23:51 | spiritual☆

お友達のサロンでヒプノセラピー(その4)

お友達のサロンでヒプノセラピー(その3)の続きです。

過去世を見た後、私の未来と光の存在の元へナビゲートしてもらいました。


(光の存在の元へ行って下さい。)
太陽のような光、白光、まぶしい。たくさんの小さな光を放っている。

(メッセージをもらって下さい。)
落ち着いて。焦っている。物事の段取り、順序は得意なはずでしょう?
青い服を着た黒髪の若い女性が現れる。笑っている。一緒に遊んであげるから大丈夫!
その女性が左腕に赤ちゃんを抱えた落ち着いた女性に変わる。青い服。
左腕の後ろ、彼女の頭の後ろ、右肩の後ろに丸く光が差している。
私の頬をさわり、大丈夫という。小さな光の玉をおでこと耳につけてくれた。

(他に何か聞きますか?)
何も聞かないでと笑われた。

(光からプレゼントをもらって下さい。)
鍵とスプーンを放り投げられた。
鍵は白い紙の上に落ちて鉛筆になった。その意味は「書き留めること」
スプーンはカラフルで美味しそうなお料理のボウルにそのまま落ちた。
その意味は「カラフルな野菜を食べてもいいし、利用しても良い。」

(最後に未来の自分からアドバイスをもらって下さい。)
頼ってもいい。仕事で成果を上げなくても幸せはある。仕事に重点を置きすぎは良くない。
バランス感覚。答えは出てるじゃない!わざわざ聞きにきて!

------------------------------------------
これでおしまいです。
最後は、そんなんわざわざ聞きにくるな!と怒られました。未来の自分に。

今回の過去世は、ほんとうに今、視るべき物を視せてもらったという気がします。
自分を信じて行動しようと強く思ったし、恐れることも無いんだと勇気づけられました。
ライバルがアントスにアドバイスしていたように、強い気持になれた。

初めてのヒプノセラピーは大満足でした♪♪♪ みゆさん、ありがとうー♪♪♪
しかし、私の (  )書きでは、みゆさんの良さが伝え切れてない・・・すみません。

そして、ちょっと鳥肌が立った事が・・・
お友達のサロンでヒプノセラピー(おまけ)で続きを。
長いよねー、ごめんねー
[PR]
by mihoo_japon | 2010-07-16 23:45 | spiritual☆

お友達のサロンでヒプノセラピー(その3)

お友達のサロンでヒプノセラピー(その2)の続きです。

(場面を進めて下さい。)
地下室の水路。金貨がたくさん落ちている。私は拾わない。何のお金かわからない。
ライバルが「うまくやれ」と手を挙げて去っていった。

(場面を進めて下さい。)
森の中に銀色の大きな扉。中に入る。赤い敷物、テーブルの上には金銀の食器。
偉い人の住まいのようだ。主人が奧にいるようなので行ってみる。
良いことで呼ばれたようだ。盗まれたお金を見つけてくれた人として私は褒められている。
私が見つけたのでは無く、友達が見つけた。
手柄を立てさせようと、友人が私に場所を教え促したことを正直に話す。
主人は二人の友情も併せて褒めてくれた。
友人は私に言う。「大きくて強い心を持て」。28歳?

(彼が一番幸せだと思っている場面に行って下さい。)
森の中のトラのような動物。私にとてもなついている。18歳。何頭かそこにいる。
恐れは無い。友達のように励まされる。とても好きな場所にいる。
湖、雲、太陽の光、一緒に歩いて見ている。癒されている。

(食事の場面にすすんでください。)
スープとパンのようだけどとても堅いもの。おじいさん、両親とニコニコ話している。
一日の出来事?楽しい。幸せ。

(最も係わりのある場面に進んで下さい。)
木々の間から太陽を見上げている。臆病で弱々しい感じでは無くなっている。
その土地を離れるようだ。やり直そう。変わりたい!34歳。
大好きだった森の中の円く開けた場所。そこに別れを告げる。やっと決めた!不安は無い。
ライバルがきっかけを作ってくれた。見送ってくれている。

(どうして土地を離れるのですか?)
火?ランプ?火を灯すものが作りたい。迷いは無い。新しい自分になりたい。
初めは意地悪に思えたライバルに、友情や仲間を思う気持ちを教わった。
臆病でいてはチャレンジできない。
からかったり、色々なことで自分に試練を与えて試してくれた。

(あなたの臨終の場面へ進んで下さい。)
67~69歳?長生きした。たくさんの人が集まって、暖かい火が焚かれている。
そこに悲しみはあまり無い。「火」でその土地の人に感謝されている。偉大な人として。
ライバルを思い出している。感謝している。

(体を離れて昇って自分を見て下さい。)
白髪。いい人生だった。試練や成功があった人生に満足している。
見渡すと、どの家の窓にも灯りが点っている。

(この人生の学びは?)
強い気持にならなくてはいけない。
臆病な気持ちや、人を思いやれない気持で友情に気が付けないのはダメ。
人のことを考える。チャレンジが必要。

(やり残したことは?)
いなくなった家族のことを時々・・・しばらく考えていた。

(果たしたことは?)
人の役に立って感謝されたこと。

------------------------------------------

この過去世はこれでおしまいです。

私、今、チャレンジできずにいるんですよねー、確かに・・・。
でも、彼が人生で果たしたことはまさに、私が望んでいることだし、
彼の人生の学びは私への教えでもある!強い気持でチャレンジしなきゃ!
この過去世を見て、とても勇気づけられました☆

そしてこの後、私の未来と光の存在の元へナビゲートしてもらいました。
お友達のサロンでヒプノセラピー(その4)へ続きます。
[PR]
by mihoo_japon | 2010-07-16 23:40 | spiritual☆

お友達のサロンでヒプノセラピー(その2)

ずいぶん更新までに間があいてしまいましたが、
お友達のサロンでヒプノセラピー(その1) の続きです。

さて、いよいよヒプノセラピーの説明に入ったのですが、
さっきまできゃふ♪きゃふ♪ガールズトークしていたので、すぐに集中できないー。
そこで「お友達みゆさん」が説明してくれているのではなく、
さっきみゆさんの背後に黄色く見えた女性が説明してくれているんだ、
と思い込むことで切り替えました。

おさらいすると私の悩みは半年前、約10年間の借金返済生活が終わり、
さぁ、これからまた自分の夢を追ってもいいんだ!好きなことしてもいいんだ!
と自由になったのになんだか放心状態で、燃え尽き症候群のまま
何も思いつかず、手につかず半年も経ってしまったことです。

今回、私が見た過去世はひとつ。
見えた場面の順番に書きます。( )内は、みゆさんの問いかけです。

その過去世への扉を開けると、たくさんの木がある場所。
森の中の円く開けた場所にひとりで立っている。
空を見て、よく晴れているな~*、とのんきに思っている。

自分をよく見てみると、なにか植物でできた被り物、膝丈の白い服を着て、
薄い革の靴を履いている。黄色?っぽい肌の色で、筋肉質な男性。
左手には何も持たず、右手に縄を輪に束ねて持っている。
名前はアントス、32才。ヨーロッパ?1,3,6,8

(どんな気持でそこにいますか?)
仕事をして戻らなければならない。成果をあげなければ。でもあまりやる気が無い。
でも焦っていない。森の中の円く開けたこの場所がとても好き。

(他に誰かいますか?)
遠くから年上の人が2人でこっちを見ている。見られてしまった・・・という気持ち。

(場面を進めて下さい。)
夜。池のほとりでひとり。少し悩んでいる。生活には満足している。結婚はしていない。

(彼の人生でもっとも重要な場面へ進んで下さい。)
大きな小屋の中。人の背丈よりも大きな鍋で何か作っている。町で作っている。
鍋を見ていると突然誰かに後ろから目を塞がれる。
ライバル?体が大きくて自信家で、いつも私を見下している。でも、友情もある。
私は気が弱く、いつも仕事がうまくこなせない。皆が私をからかう。
その場所には他に、女性と老人男性が座っている。
交代で鍋の番をしている。私はうまく鍋の番ができなかったことを後悔している。
ライバルにからかわれている事を、座っている二人に見られたくなかった。

(鍋を火にかける少し前の場面に戻ってみて下さい。)
町のみんなが動物や野菜を準備している。鍋の材料?
私はそこに参加させてもらえない。足手まといだから。

(場面を進めて下さい。)
暗いところ。洞窟?ひんやりしている。落ち込んでいる。
仕事ができない悔しさ、みんなと一緒にできない寂しさ。

(もう少し先へ進めて下さい。)
森の中。大きな滝を上から見ている。雄大なことに感動して憧れている。滝と空を交互に見ている。

(原因の場面に進んで下さい。)
燃えている。家が。なんとかしなきゃと思っているけど見ているだけ。
いろんな事が手遅れになって、人垣ができている。
奥さんと赤ちゃんがいた?死んでしまった?いや、逃げられた。
幸せだったのに当たり前に過ごしたことを後悔している。
感謝や気持ちをうまく伝えられなかった。
ライバルが隣に立っている。慰めてくれている。
奥さんが家に火をつけて逃げたのだと、集まった人々が噂している。同情は無い。

------------------------------------------

このへんで真ん中ぐらいです。

私はずっと、とにかく稼がなきゃの気持ちで働いていたせいか、
仕事をなんとか続けていかねば!頑張らねば!頑張るからには認めてもらいたい!
という気持が人一倍強いです。
「こいつ使えないなー」って、絶対に思われたく無い。
過去世の何をやってもダメだった頃の影響ですかねー。


お友達のサロンでヒプノセラピー(その3)へ続きます。
[PR]
by mihoo_japon | 2010-07-16 22:51 | spiritual☆

お友達のサロンでヒプノセラピー(その1)

久しぶりの帰省。

前の会社の同僚、みゆさんがオープンした自宅サロンへ。

今回は、顔筋マッサージとヒプノセラピーをお願いしました。

ヒプノセラピーとは催眠療法とも言われ、催眠状態を使って潜在意識に直接働きかけ、
心理的・身体的問題を改善、解消していく心理療法。

普段、私たちは、表面意識に支配されているため、潜在意識になかなかアクセスできないそうです。
催眠状態で、それができるように導いてくれます。
自分自身の潜在意識を理解し、悪いところを修正していくことで問題を解消していきます。

今回の私の悩みとは、
半年前、約10年間の借金返済生活が終わり、
さぁ、これからまた自分の夢を追ってもいいんだ!好きなことしてもいいんだ!と自由になったのに
なんだか放心状態で、燃え尽き症候群に。
仕事も転々としているので、なんとかしたいと思っているし、
いろんなことを頑張りたいと思っているのに、やる気が出ないし、悶々と行き詰まってるんです。
悶々から半年ぐらい抜けられなくて、イライラ落ち込んでたんです。

そこで私の過去世を見に行って、ヒントを探ることにしました。


それにしても久しぶりの再会で、思い出話と近況報告で2時間位かかったw

話ている間、ちょっと不思議な感じが。
私は霊感もまったく無いし、何かが見えるとかわからないんですが、
ずっと話しているみゆさんに、ぴったり重なるように黄色い人影が・・・

髪が長くて、頭のてっぺんにちょうちょに髪を結っているように見えるけど・・・
みゆさんが湍津姫神からのメッセージを配信していたのを知っていたし、
あら?なんか私、ちょっとその気になりすぎかしら?と思って
ちょうちょに結っているってちょっと考え過ぎかな?取っちゃおう、とイメージを否定したら
黄色が消えて、透過してしまった。でもやっぱりいるなー

次は、なんか目の前がTVの砂嵐っぽくなってきた。
こんなところで貧血?!冗談じゃないわ!東京からはるばる来たんだから!
あら?消えた。

さらに私がよく見る夢、
アイドルグループのメンバー、20人ぐらいが
ワンルームの部屋で歌や踊りのレッスンするわ、
ベットの上で食べたり飲んだりするわで、私がしかり飛ばす、という夢の話をしてて、
メンバーの名前知らないの?ってみゆさんに聞かれたら
「オリオって言ったじゃん!」ってイメージが飛んできた。はー・・・

なんだか不思議な気持のまま、ヒプノセラピーの説明が始まりました。

つづきは次の記事
お友達のサロンでヒプノセラピー(その2)で。


::リラックスサロン cocone ホームページ
http://cocone.hannnari.com/

::リラックスサロン日記(みゆさんブログ)
http://ameblo.jp/cocone-relax
[PR]
by mihoo_japon | 2010-07-16 20:08 | spiritual☆